Wednesday, 10 March 2010

PS3 と格闘

そろそろ寿命なアーキテクチャなんですが、

 初代PS3は、まだ、ほとんど値下がりしてない

ほぼ当時の値段、そのままで売れるらしいです。PS2 Emulation (とうかEmotion Engine そのもの)が付いているのが、その理由らしい。もちろん、もう作ってないので中古で買うしかない。

メモリの量を除けば、速度的には遜色なくて結構速い。が、GPUにアクセス出来ないのでゴミだけど。メモリ1GBあれば、メインマシンにするのだが... そういうモデルも販売されていたらしい。今でも手に入るかどうかは謎だけど。

最新の薄型モデルでは、Linux をinstallすることが出来なくなっている。まぁ、いろいろ理由はあるんでしょうけど。Firmware version up で、現行モデルも出来なくなる説もあるらしい。そうしたら、見捨てるしかないな。Core i5/i7 が手に入るでしょうから、そろそろ潮時かも知れない。

と言うわけで、PS3 60GBとかが手に入ったので、今の500GB HD を、そっちに移行しようとするわけですが...

 他のハードディスクを入れると、無条件で初期化する

と言う素晴しい仕様。どうも、他のPS3からmove(つまり移動した方から消去)という機能が搭載されているらしい。しかし、60GB に移すのは不可能。500GB / 60GB を入れ換える必要がある。

なので、外付HD経由で backup/restore すれば良いと思うのだが、なんか高速。18分? と言っても、どうすることも出来ず、それでやるしかない。

で、restore してみると、

 ダウンロードしたものは、すべて消去
  ダウンロードしなおし
 PS3 のセーブデータは、移動される
 PS/PS2 の仮想カードは、すべて消去 (これはひどい)

と言うことらしい。バックアップを見ると10GBぐらいだったので、実は move でもいけたっぽい。そのあと、困るだろうけど。

なんだけど、

 Linux 用にパーティションを取ると、HDフォーマットされる

ってのを忘れてました。「フリダシに戻る」かよ。

Yellow Dog Linux も、そろそろ打ち止めかなぁ。それでも、6.2 が出てました。

でも、とりあえず、移行は出来たっぽい。

Post a Comment