Monday, 11 December 2017

ミニコンポ


実家にあるソニーのミニコンポ(死語)ですが、なんか、CDトレイがだしっぱなしに... まぁ、主に J-Wave 聴くのにしか使ってないんですけどね。自室のOnkyoのレシーバーもだいぶ前に壊れちゃったんだよな〜

一階と二階に一つずつ置きたい所だが... そういえば、HAP-S1 ちょっと面白そう。

   http://www.sony.jp/system-stereo/products/HAP-S1/

スピーカーも怪しいが、まぁ、生きてるみたいだから。ところが、HAP-S1 は、

  タイマーがない

え、この手のものって目覚ましに使うのが主流じゃないの? まぁ、このまま買わないかも...

安物の音で目覚ましってのもなあ。もっとも、沖縄では目覚ましなんて使ったことないんだけどさ。

Sunday, 10 December 2017

しのはらとけむり


西池袋のラーメン屋さんですね。しのはらは、最近、結構行列してる。僕はけむりの方が好きなんだけど。

けむりで、うっかり「200円の特製トッピング」頼んだら、結構な量で食べるのに少し苦労しました。

しのはらは、今回は土曜日にたまたま空いたので入れました。行列している時に並ぶほどではないと思うんだが... でも、麺がしっかしていて、スープも良くできていて、流行るのも当然かな。

Saturday, 9 December 2017

いつもの訪問

母方の四人姉妹もだいぶお歳で。母の妹が特養に入ったのですが、施設は変わらず。でも、前回来た時よりは調子が良さそうでした。もう、あんまり話も通じない感じではあるんですが、母を連れて会いにいくのが大切だと思ってます。

いかないと忘れられちゃうからな。

自分の未来でもあるんだけど、歳取ること自体は悪くないと思う。あの世代はネット使わないわけだけど、僕達が歳取る頃にはネット老人うるさいって感じになるんじゃんないかな。

独り言うるさい人とか、ひたすら布をたたんでいる人とか、ベッドで寝た切りとか。ひとそれぞれだな。

Thursday, 7 December 2017

edy card

そういえば、なんか edy id が読めないなんて話があったなと思って、秋葉原で Felica reader を買ってきました。いや、大学のどっかにはあるはずなんだけど。千石にあったんですが、二つあった。どれだろう? で買ってきたのは、

 RC S380

Sony のUSBで繋げる奴ですね。

ソフトはいろいろあるが、python の nfc が S380をサポートしているらしい。他にもいろいろあるけど、S380 は動かない感じ。

で、
python examples/tagtool.py -v

で動くらしいんですが、だめっぽい。timeout とか言ってる。 nfc/tag/tt3_sony.py の request_service の timeout を10倍にしたら動きました。なんだよ。

なんか、妙に大きな数値のfor文でスキャンするみたいなプログラムになっていて、くそなんですが... それに、どうも、

 polling base

らしい。うーん。まあ、でも edy id は読めたので良いか。

Wednesday, 6 December 2017

ハリーズ

前田のカレーのお店なんですが、おばちゃんが病気で、休みがち。年内は、

  かわいいお姉さんがたが引き継いでくれるらしい!

火曜日頼んだ分だと、おばちゃんが作った分と遜色ないです。すばらしいです。

学生が卒業カレーみたいなのにも使っているらしく、がんばってくれると良いんですけどね。

Tuesday, 5 December 2017

ちょっと早めに出て Ingress

沖国大辺りを荒らしてから、お昼食べて大学へ。のんびりしたもんです。

Ingress だと運動として強度が低いってな話もあるけど、

 高血圧なんだから、そんなにがんばってもね

Sunday, 3 December 2017

MoarVM 読み会最終日

最初は Rakudo 読み会だったんだけどな〜

午前中は、nqp と rakudo の文法規則を読んでました。だいたい Perl6 は nqp の5.5倍の大きさ。実際にトレースすることはできなかったんですけどね。

午後は、VM読もうということで、moar command を lldb で trace 。nqp のcommand line が出た所で、control-C 打って、lldb に。楽ちん。

でも、もはや、lldb は -O0 -g3 でも、引数がないとか変数が見えないとか。disass でレジスタから直接値を見るんですが、まぁ、疲れますね。

VMのregister は大域変数に取ってあって、オペランドからレジスタ名(数字)をとってきてアクセス。わかりやすい。レジスタには型はないので union 。それでいいのか?

で、jit のentry point を探すんですが、適当に「ここかな」というところに break point 。で、MoarVM のbyte code を graph ってのに変換する所は見つけて、それを emit ( native code を出力する) ところまではわかりました。

 nqp --target=mbc --output=fib.moarvm examples/fib.nqp
 moar --dump fib.moarvm

で、MoarVMのbyte code のdumpが見れます。

でも、

  最適化しているところはどこだ?

どうも、inline 展開と、定数式展開ぐらいしかしてないみたい。いや、見つけられなかったので想像なんですが。

まぁ、そこで時間切れかな。

10時から18時までですが、遅れ気味に始めて、12時にはお昼休み。14時まで休んで、16時に休憩はさんで18時までなので、まぁ、そんなに大変と文句をいうほどのものではありません。

感想に「普段見れない河野先生が見れた」みたいなことを言った学生がいますが、あんまり変わらない奴なので、観測力がないだと思います。

でも、今回は割とスムーズだったかな。スライドもわかりやすかったし。