Thursday, 23 March 2017

しばらく東京です

今回は特に何があるわけでもないので、のんびりしているはずです。少し、Ingress Mission でもやりたいところ。

呼び出されなければ4/7まで東京の予定。

思ったより寒くなかったが、夜は寒いのかな?

飲み会などは適当に呼び出してください。

Saturday, 18 March 2017

カレーパーティ準備中

12月にやったばっかりですが... 年二回目標です。

今年は11時に学生4人に来てもらって。わりと順調です。やっぱり経験値上がってるからな。いや、学生が優秀だからか。

Google Spread Sheet に、材料とかスケジュールとかがまとめてあるんですが、

  やっぱり、どんどん大きくなっていく

まぁ、記録ないよりは良いんだけど... レシピはあるんだけど、5倍量とかだと、比率も変わるので。

表を作るなら、Schema も作るべきで、コメントとかを表に入れてはいけないんだろうな。複数の表が同じコラムで制御されてしまうのも残念な感じ。

僕は、HTML直書き(あるいはTeX)で表を作るのが好きだけど、HTMLのは、ちょっと見づらいかな。

Monday, 13 March 2017

あなたの人生の物語

テッドチャンですね。なんか映画化されて「メッセージ」というタイトルで5月に公開されるそうです。

なのだが、

    どんな話だったっけ?

さっぱり思い出せないです。なので、本棚から引っ張り出すわけですが、奥様に聞くと「それはこの段の奥」で、そこにある。どうも、ちゃんと著者名順に並べているらしい。えらい。

だいたい読んだ本は、ネットに書くのだけど、blog にない。そうか、ネットニュースの時代に読んだんだな。それを見てみる限り、非因果的な言語ってのは面白いけど使いこなせてないみたいなことしか書いてない。

で、読み直す気になったんですが、短篇なので瞬時に読めるんですが、

やってきた宇宙人とテレビ経由で話すだけの超地味な話

でした。こんなの良く映画化する気になったな。

しかも、そこで使っている手法って、スペイン人が最初にアメリカで現地人に会った時に使うような感じで..

まぁ、地球人は電波とかで自分たちの言語や情報を垂れ流しまくっているので、向こうは全部わかってるってのがありそうな感じ。

今だったら、とりあえず、DNNに流して見るくらいはするんじゃないかな。問題は「何を」だったりしますが。DNNは何を理解したかは教えてくれないし。でも、どこを見ればよいかぐらいは見つけくれるんじゃなかろうか。

まぁ、宇宙船でやってきてテレビ電話で通信するあたりで、人類との共通点はたくさんあるのでコミュニケーションに問題がでるとは考えづらいが...

もっとも、自分の赤ん坊でさえ何を要求しているのかわからなかったりするし、犬や猫とのコミュニケーションもできてないからなぁ。

昔のテレビの電波だったら解読は容易だろうけど、今のデジタル方式のはどうだろう? まして暗号化されていたら。

解読されやすくするコードとかの話も70年代に「宇宙と交信する」とかが流行っていた時にあったな。それも、向こうが交信する気があればの話だけど。

そんなわけでメッセージがどんなできたかは楽しみです。

http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~kono/sf/194.html

Friday, 3 March 2017

Agda の圏論の証明

まぁ、やってるのが圏論だってのが特殊ではあるんですけどね。

 極めてパズル的

帰納法とかほとんど出てこない。なので、

 証明の穴に適当に推論を当てはめる

ということになりがち。そして、それで、結構通る。それで終わってしまうのが普通。

もともと圏論が General Abstract Nonsense だからってのもあるんだろうけど。

Monad も面白いんですが、一生懸命証明したものが、

 メタ計算も関数の結合法則に従う

というだけだと、ちょっとさびしいんじゃないかなぁ。

でも、一方で、

 プログラムはちゃんと型的に穴が埋まっていれば動くんじゃないの?

とも思います。

数学や物理の理論を理解するには、数式や論理式の裏にある

 モデル

を理解することだと思う。圏論はモデルと論理式が一体になっている特殊な例なのかな。

 視覚化できるモデルとかたいしたことない

とも思うのですが、視覚化には「気づき」みたいなところがあるからな。

Thursday, 2 March 2017

久しぶりにAgda

なんか、沖縄とっても寒い〜

学生の方が一段落したので、いつものように Agda いじってるんですが。今回のお題は否定。有限の射を持つ圏、つまり、たんなるグラフがうまくできなくて、

* 存在しない射に対する結合則とかは、矛盾⊥ から導くのが良いんじゃないか?

ってことで、否定について調べてたんですが、

  Nope : (m n : ℕ) → Set
  Nope (suc _) zero = ⊥
  Nope _ _ = ⊤

  nope : ∀ m n → m ≡ n → Nope m n
  nope zero ._ refl = _
  nope (suc m) ._ refl = _

  peano : ∀ n → suc n ≡ zero → ⊥
  peano _ p = nope _ _ p

  http://stackoverflow.com/questions/22580842/non-trivial-negation-in-agda

とかあって、結構面白い。

なんですが、

  even : ℕ -> Set
  even zero = ⊤
  even (suc zero) = ⊥
  even (suc (suc n)) = even n

  div : (n : ℕ) -> even n -> ℕ
  div zero p = zero
  div (suc (suc n)) p = suc (div n p)
  div (suc zero) ()

とかいうのもあって。()ってなんだ?

  ¬_ : Set → Set
  ¬ A = A → ⊥

  data Dec (P : Set) : Set where
  yes : P → Dec P
  no : ¬ P → Dec P

  EvenDecidable : Set
  EvenDecidable = ∀ n → Dec (even n)

  isEven : EvenDecidable
  isEven zero = yes _
  isEven (suc zero) = no (λ ())
  isEven (suc (suc n)) = isEven n

  http://stackoverflow.com/questions/18347542/agda-how-does-one-obtain-a-value-of-a-dependent-type

とかやるらしく。起き得ない入力の組合せみたいなものらしい。Agdaが、これは起きないと理解してくれれば使えるらしいです。

つまり、A x B x C -> D みたいな関数で、A/B/Cのすべての入力について関数を定義する必要はないらしい。そういえば、data で規定された範囲しかみたいなみたいなことはやっていたな。どうせ、矛盾を取れる部分は規定された範囲外なんだから、実は除外できるんじゃないか?

今までは存在しない部分は Maybe で nothing とかやっていたんですが、それがいけなかったかも。で、演算定義とか結合則とから、いろいろ抜いていくと、

あれ? なんかできるじゃん

どうも、Maybe とかで record の中に入れ込んだので、Agdaが理解してくれなかったっぽい。

というわけで、要素2の圏を記述はきれいになりました。

なのだが、その後の Limit から Equalizer の証明には、はまりました。でも、定義を二重に入れてしまって、それの同一性が取れなかっただけで、定義を一部外に出したらできた。

  http://www.cr.ie.u-ryukyu.ac.jp/hg/Members/kono/Proof/category/file/fd79b6d9f350/discrete.agda

結構、苦労していたのができて、ちょっとうれしいです。

  http://seeker-s-eye.blogspot.jp/2017/01/agda.html

Monday, 27 February 2017

iTunes match vs Google play music

そういえば、ちょうど11ケ月前に、 iTunes Match 試してみたんですが... そしてほぼ放置だったんですが... Matchの状況を iTunes から見れるらしい。

errorになってるのも多いんですが、CDは結構match、沖縄民謡は全滅、なみろむも全滅、なんですが、

* LPから取ったのが、ちらほらmatchしてる
* スカパーからエアチェックしたものも
* なんとモノラル音源にもmatchすることがある

ふーん。そして、MatchしたのをAACで取り出すには、

* 他のデバイスから読む
* 一度、消してダウンロード

するらしいです。ううう、めんどくさい。部分的にmatchしたのを読み込んじゃうと、そこだけ浮いてしまうらしい。ううう、めんどくさい。また、AppleScript 書くのか?

自分で取り込んだものは明示的に「iCloud Libarayにupload」してやると iPhone にも反映されるらしい。


なんですが、クラウドに上げるだけなら、Google play music が無料だという説が... また、Google? まぁ、使うだけ使うか。いや、iTunes Matchが生きている間はそれでいいか?

Apple Music とか Google play music の聴き放題の方はあんまり合わないかな。つうか、スカパー使っているので重なってるんだよな。

11ケ月まえのはこれか。

http://seeker-s-eye.blogspot.jp/2016/03/itunes-match-and-apple-music.html

Sunday, 26 February 2017

久しぶりにWindows 7 を使ってみたら

なんか、update とかどうとかで。一度、しくって、VMware Fusionのsnapshotで戻してダメで、また、現在のに戻ってとかやったら、

* Mac OS X の方が虹色アイコン状態に...

で、そこから Safe であげて、また、もう一度 reboot して... それで、ようやっと Windows が上がったようです。

大変お疲れ様でした。やりたいことは、問題なくできました。いや、結構、紆余曲折したが。

で、まぁ、あのtweetにつながるわけだな。