Sunday, 8 February 2009

Syngularity Sky __ Charles Stross

この手のイギリス的喜劇は苦手。ニュートンズウェイクもそうだったけど。

レイチェルとマーティンと言う二人の間諜の話なので、筋が通っていて、一旦、話が真面目な方向にいけば読みやすいです。

フェスティバルが中世的官僚独裁社会に「何でもかなえてくれる電話」を配るあたりで、かなり読む気を失ってました。おかげで、読まずに持ち歩いた時間の分、本はボロボロだ。

因果率侵犯装置を取り締まる超存在のエシャトン、何でも作ってくれるナノテクのコルヌコピアマシン、相対論的魚雷やパルスレーザを駆使した(古代的な)宇宙戦闘、フェスティバルの中の「なんでもあり」の社会、このあたりの*小道具*の詳細がすばらしい。

登場人物も主人公の二人はもちろん、道化廻しにしか見えない人物でも、ちゃんと裏があり、馬鹿ではないところが良いです。

読後感は悪くないです。小道具を駆使して、中世的な物語を語ることは成功していると思う。そういう話が好きならば気に入るでしょう。

レイチェルみたいな女性もいるよね。彼女達の男を振り回す様子は面白い。大人になったナウシカみたいな感じか。

それだけに、この喜劇的な表現がなぁ。Iron Sunrise という続編があるそうですが、微妙なところ。

エシャトンは、時間閉路を使って、超Turing計算をすると言う設定なようですが、面白いけど、抜けがありそう。何でも作れるナノマシンには、エントロピーを減少させるための膨大なエネルギーという壁があるわけだけど.... 時間閉路超コンピュータにも壁があるんだろうな。

Post a Comment