Thursday, 3 July 2008

War Surf __ M.M.Buckner

金持ちの妙に元気なお年よりの冒険としての戦争体験ゴッコ。まぁ、どうしたって、道徳的な感じじゃないです。超金持ち(しかも、成り上がり)の話なので、はなもちならない。年寄りで、ちびで、嘘つきで、スケベで、金持ちで、ハンサム。そんな主人公ですが、それでも読みますか?

なんだけど、その爺さんを若い元気な女性が手玉に取る話だとも言える。それは、それではなもちならない話。まぁ、男はそれにひっかかるのは嫌ではないわけなんだけど。

なので、まぁ、あんまり気乗りしない話なんだが、最初のあたりは、ウォーサーフのゲームとしての面白さがある。そこにシーバが入って来て、二回続けてしくじるあたりが最高です。間抜けなナジール。

でも、それは話の本筋ではなくて、「天国」にサーフする(そして、どつぼにはまる)あたりからが本筋。主人公が読者に意図的に嘘をつくあたりを肯定しているあたりが、女性作家らしいです。女性は嘘を肯定する天才だと思う。嘘をつけない男性ってのはもてないよ。男は嘘は嫌いだけどね。「天国」に関する嘘の話だとも言えるな。

そこから先は、まぁ、怒涛なんですが、この終り方はあまり好きではないかも。納得する人は納得するか。一つは、140人治療するのにそんなに急ぐ必要ないはずだからかな。ナノマシン昇天系の話なので安直と感じたのかな。

環境破壊し尽くされた地球のイメージは面白い。カルカッタの悲劇のあたり。実際には、そこまで破壊されたら、どんな金持ちでも生き残れないと思う。

Post a Comment