Monday, 7 July 2008

サーバ班二題

なんか、PCクラスタのBIOS設定が...

Main -> Processor Setting -> Intel(R) Virtualization Tech = Enable
(default:disable)
2)
Main -> Processor Setting -> Enhanced Intel SpeedStep(R) Tech = Enable
(default:disable)
3)
Main -> SATA Port {1|2}s -> 32bit I/O = Enable (default:disable)
4)
Advanced -> Wake On LAN/PME = Disable (default:enable)

default disable なの? これだけで、CPUの温度が30℃下がったらしいです。消費電力も、きっと下がってる。そんなのを見落としていた自分が情けないです。というか、やっぱり、自分の目でチェックしないとだめだよな。長田さんが気づいたらしい。

BIOSの設定ってLinux側からチェックできないの?

それは、それで良いことだったんですが、サーバ班のミーティング中に、log をBD-Rに取ろうみたいな話で、du -sh /var/log すると、41GB。そんなものかなぁ。と思ったら、root partition が60GBしかなくて、残量1.9G 98%。それは、まずいです。

で、ls -s /var/log | sort -n すると、mysql のlogが33GB。こいつか... 見てみると、cacti のデータの不整合とかいうメッセージが延々。どうすれば良いんだよ。

と思ったが、取り敢えず名前を変えて mysql を立ち上げ直すと、エラーメッセージは出てないみたい。「じゃぁ、取り敢えず gzip してみるか」。すると、33GBから117MBに圧縮できたようです。まったく、疲れる話だ。そばには、mysql.log の6月のgzipがあったので、どうも、同じことを6月にもやったらしい....

まぁ、良くあることではあるが...

研究室に来たら誰もいないって、どういうことだよ。

Post a Comment