Friday, 19 September 2008

AlaxalA のswitchがdown

5Fの自分の教官室が繋がっているSwitchが、昨日の7時ぐらいから落ちていたらしい。昨日の夜は酒を飲んでいたので気づきませんでした。

自分のサーバだけに繋がらないので、 cactiを見ると、ものの見事にswitchが落ちてる。電話すると長田さんは「北海道ですが、業者さんには連絡済みです」みたいなことを言う。現地対応は、あっち〜らしいので、あっち〜に電話。電源は入るんだが boot しないらしい。珍しい落ち方だな〜

担当の人によると、うちの大学にいれたAlaxalAのL2 switchが落ちるのは初めてらしい。(ってことは、L3は壊れたことがあるんだな...) 結局、今日の3時に代替機を持って来てくれて解決したようです。

でも、実は、それでも教官室のサーバのIPアドレスが受け取れてなくて、自分でEPSを開けてケーブルを挿しなおす作業があった。うまく刺さってなかったらしいです。ふーん。このあたり、チェックがiPhoneのVNCから出来るのは幸せ。もちろん、JBの端末からのsshでも良いんだけどさ。

最近は、iPhoneのRemoteの関係で、無線(NAT)の方でも接続しているので、メールを送る方は、有線の方が動いてなくても通る。なので、メールがiPhoneに届いたので、だいじょうぶだと思ったんだけど、有線の方は実は動いてなかったので、メールを受け取る方がダメだったようです。

設定ファイルは? って聞いたら、あっち〜が「個人的に持ってます」う〜ん、それじゃ困るんだけどなぁ。CVSサーバでも良いんだが、設定ファイルはパスワードが入っていたりするのが困るんだよね。

Post a Comment