Friday, 28 March 2008

ゴールデン・エイジ

何故か、英語のPaper back で買って挫折してました。

日本語訳では、1-3まででて一応完結しているらしい。というわけなので、I を読んでます。

160ページまでは、英語でも日本語でも、これなら挫折するだろうって感じ。まぁ、 記憶を一部欠落している主人公ならこんなものかとも思うが、小道具が多すぎる。

なんだけど、160ページあたりで、夫婦の会話になるあたりから、がぜん面白くなりました。パンドラの箱、塔に閉じ込められたお姫様、そういうキーワードがわかりやすく、面白いです。(ま、女なんてそんなものさと思ったのは、奥様には言わないでくださいってところがが...)

もちろん、レリックのお姫様に思い入れしたくなるんだけど、本物のお姫様が目覚めちゃったらどうするんだ〜?! まぁ、目の前にいる女の子に良いこと言うのが男だろとは思うんだけど...

面白いです。取っていただけのことはあるという感じか?! それに、三部作全部そろってから読み始めたしね。

Post a Comment