Monday, 17 March 2008

御上に守ってもらう文化

 

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT12000017032008
  ネット規制に見る日英のちがい・成長産業を抹殺する自民案

 

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0803/17/news010.html
  「児童ポルノ法改正」に潜む危険

どっちもインターネットに対する規制の話。アニメとか漫画をターゲットにした規制だと言って良いんじゃないかなぁ。後者はインターネットには限らないんだけど。旧世代が新世代をいじめているっぽく見える。理解できないから規制しちゃえみたいな感じか?

 

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=28671980&comment_count=249&comm_id=6504
  mixi上での著作権

の議論でも、法律を使って「使わないように」「使えないように」持っていく方が好きな人が多いらしい。根っこには同じものがある気もする。御上に頼って「守ってもらう」発想だな。権利ってのは自分で守るものなのに。

イギリス人が大学とか研究所の共有スペースにある日本の漫画に文句を付けたことがあって、「こういうポルノは、公の場所に置くものじゃない」とか言っていた。それは、まぁ、そうだよな。見たいと思うなら見る資格はあると思うけど、見たくない時に見せられるのは嫌。

インターネットでも、他のメディアでも、そういう裏と表の区別みたいなものがもっとうまくできれば良いのに。

Post a Comment