Monday, 23 June 2008

異星人情報局__ジャック・ヴァレ

1996年ですか。まぁ、あれですね。X Files だな。UFOおたくがこうであれば良いと思っている最善のシナリオかな?

SFとしては三流だと思いますが、訳者の巻末の用語解説は便利だと思います。これだけで買う価値があると思う。

ほげほげなバスで怪しげな伝道師と旅するって、Magical Mystery Tourのパロディ? フランス人ってこういうの好きなのかな。

多次元世界は、面白いんだけど行き来する手法が問題だよな〜 通信できるってなところから始めるのが妥当? といっても、この作品では、そんなことはどうでも良いって感じか。

Post a Comment