Saturday, 7 June 2008

デフラグしない方が良い10つの理由

まぁ、Windows にしかないし、宗教みたいなものなので無理に止めろって言いたいわけでもないです。でも、人に勧めるのは止めようね。

1. デフラグは遅い。僕が見たときには o(n^2) のようだった。何か問題があると最初からやり直すらしい。

2. 失敗しやすい。HDがエラーを返したら、そこで終了。

3. HDに負荷がかかる。o(n^2)でseekも多いので当然。

4. 負荷でHDが高温になるとディスクの寿命が短くなる。

5. 新しいHDに format & copy の方が速いし、バックアップにもなる。

6. Journaling なFSには高速化の効果はない。

7. HDアクセスを高速化したいのならば領域を空ける方が良い。

8. 90%以上の容量で使っているならHDを買い替えるなりNASなりを導入して容量を下げる。

9. 90%以上の容量で使っているならデフラグしても、どうせ遅い。

10. デフラグを理由に仕事してないだけじゃないの〜

あぁ、でも、fsck はたまにかけた方が良いです。Mac OS X だと Safe boot (Shift + boot )してやれば良い。もちろん、バックアップ前提。バックアップなしで fsck するのは自殺行為。大したもの入ってないならいいけど。

Post a Comment