Sunday, 1 June 2008

寿司と卵

卵が苦手なのは何回か書いたんだけど、別に食べられないというわけではないです。甘いのが特にだめ。タンパク質多すぎというか重いって言うかそんな感じ。でも、Mofgmona のじゃこ飯の目玉焼は許す。一つだし。

寿司が嫌いなのは、子供の頃に良く両親が取っていた出前の寿司がとってもまずかったからです。きゅうりだけを我慢して食べるみたいな感じだった。お酢と魚の臭いが耐えられなくて。ちらし寿司だと、さらに酢飯の臭いが強くなるので、もう食べられないです。

なんだけど、高い寿司屋にいけば、確かにおいしいのは認める。かなが「おつまみ」とか称して、「普通の刺身」を注文するのを見た時には「なんだ、寿司屋では鮨を注文しないという手もあるのか?!」という感じで驚きでした。おいしいところは「冷えてすっぱい寿司」なんか出さないとわかったのもだいぶ後だった、っていうか、両親以外と寿司屋にいけば、まともな所はたくさんあるわけで。今でも母がいく寿司屋には「?」という感じです。

沖縄は寿司は基本的にだめなんですが、元冨士Xeroxのお姉さんと「寿司ハウス」に行ったときには割と良かったです。というか、寿司なんて全然頼まない。魚汁とか違うものがどんどん出て来る。そういうのありなのか?! でも、どうやって、注文しているかは結局わからず。普通の人とはコミュニケーション力ゼロなのに、さらに、もともと嫌いな寿司の職人と会話するだけで困難です。一体、何を注文すれば良いのかが良くわからない。回転寿司の方がましか?

でも、回転寿司とかもほとんど入ったことないです。札幌の回転寿司はおいしいとか言う説があったので行ったことがあるんですが、確かに良かったです。

なごやか亭

http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1000276/

たぶん、ここでしょう。地下鉄で行ったような記憶があるので。

そういうわけなので、あんまり寿司は好きではないのだが、昔みたいに「まったく食べません」ではありません。最近の好き嫌いは「まずいものは嫌い」に近い。

というわけなので「甘い卵焼の寿司」ってのは二重に苦手。Facebook で寿司を送れるのは面白いが、いきなり、それかよ〜

Post a Comment