Saturday, 20 October 2012

ホームムービー

8mm Film カメラが実家にあったので、その頃から。フィルム3分20秒、千円で、現像代に別に千円。短いシーンは使い物にならないので、最低でも5秒。その場で見直しはできないで、結果は一週間後。ただし、ズームはし放題。ゼンマイ式カメラで高速撮影とかもやっていたようです。Film に音が入るようになってから、VHS/8m Video に置き換わる時間が短いので、音付きの8m Film は扱ったことがない。音は別に録るものだと思ってました。編集機まであった。

「これはムービーだかが、じっとしてないで」

みたいな感じで、スナップを結構撮ってました。走って先回りして、歩いてくるところを録るみたいな感じ。結構、神経使うのでスチルよりも疲れる。

最初にソニーで8mm Videoを見た時には「塗り絵みたい」だった。Film に慣れていると、ちょっとね。でも、Hi8 になって、かなり良くなった。Hi8 は92年ぐらいからか。96年には DV に。結局、DV を静止画キャプチャーにしか使わなくなったので、その後は使ってません。DV が出た時には、綺麗だなと思ったものだが、HD ムービーは、そんなに感動がなかったな。

デジカメや iPhone にも動画の機能はあるんだけど、

* 音声がステレオでないとダメ

だと思うんだよね。8mm の時には音無でやっていたのにね。臨場感が全然違うので。

で、NEX-5 で念願のステレオ音声なHDムービーを手に入れたわけですが、撮らないね。理由は不明。歳食ったか。簡単に撮れるようになった分、撮らなくなるものか。

iTunes で取り込むには HD ムービーは大きすぎる。USB 経由で BD レコーダに取り込むのが簡単だと思う。そうすれば、容量は気にならない。2時間も撮るのは不可能だし。

大学の卒論の録画とかもたくさんあるのだが、卒業生に編集して送ったりしたら、逆に迷惑か…

You Tube とかあるから、もっと動画を積極的に撮ろうかな。(という気がしただけかも)
Post a Comment