Friday, 15 January 2010

AVATAR 続き

箱根の帰りは東海道線を使って、川崎に寄って来ました。4時についたので、次の上映まで余裕で良い席が取れました。17:40の上映だから平日ならインターネットで予約して、川崎で見るってのは現実的だと思う。

確かに、川崎のIMAXの方が、池袋よりも、画面が大きい、明るい、解像度、音、すべて良かったです。メガネも軽かったし。でも、実は、IMAXでいままでの映画と同程度の画質と言う気もしました。

でも、3D効果必須とは思わないかな〜 もっとも、2D版は見てないので。沖縄に戻ったら、2Dも見てみよう。(そして、3Dの全然良いと自慢したい... :-p)

画面の奥行き重視らしいです。確かに、山の向こう側から、飛行機群が登場するあたりの3Dの効果が良いんだけど、遠くの視差はほとんどないんだから、ちょっと不思議。

字幕版で見ましたが、声優の違和感がないのが良い。Jar Head とか、もっと強力に訳しても良いんじゃないかな〜 海兵隊は、アメリカの社会的階級なんだと思う。社会問題なんだよね。軍隊用語は聞き取りにくいです。

まぁ、戸田某字幕は見なければ良いわけだし。3Dの字幕はどうなのって思ったけど、思ったより自然でした。おそらくは、日本人的な職人技術が投入されているんだろうな〜 以下のサイトを見ると、そんな感じ。

http://www.rm.is.ritsumei.ac.jp/~tamura/sfx/sfxv_content495.html

IMAX 3Dのメガネはかなり軽いです。曇りも少ない。でも、やっぱり二重メガネは辛い。コンタクトなら良いんだけど。メガネに装着するタイプとか、自分専用度付き3Dメガネとか欲しい。今だと、レーシックと言う手もあるが、あんまり気は進まない。円偏光フィルタだから自分で作ると言う手もあるかな。

Post a Comment