Sunday, 17 February 2013

Bitcasa の変な振る舞い

まぁ、正式サービス始まったばかりだし。いろいろ変なことも。iPhoto 54GB、iTunes 46GB 三日で upload 終了。この程度はなんともない。

音楽はartist/title/albumを取ってくれる。それで browse できる。でも、歌詞とか art work は出ない。なので、iPhone に直接入れる方が情報量は多いです。

写真は一段上のフォルダでブラウズされる。しかし、iPhoto の格納方法が一貫してないのでばらばら。iPhoto 入れなおしたほうが良いかも。フォルダ側で見れば年毎に分類はされるのだけど。Picasa とかと違って、Bitcasa から直linkはできない。でも、全部入るのは良いね。

iPhone で見れるのですが、全部一度に見れるようになるわけではないらしい。一部だけ。面白い振る舞いだ。ちゃんと upload されているのかどうか不安だが。

iPhoto/iTunes は rsync で入れたのですが、それが正しいのかどうかは良くわからない。全部、入れれると少し振る舞いが違うのかも。でも、rsync が便利。

外部HDD は、client を新しくしたら、前の backup が見れなくなって、再度同期したら、はやり徐々に上がっているらしい。つまり、やり直し。こちらは、rsync でないので、状況が良くわからない。

フォルダ構成がなんか変。top level が見る PC 毎に少し違う。古い client を入れていたものだけ構成が変。そして、古い client を入れていた iMac だけ、

device not configured

を食らう。~/Library/Cache/com.bitcasa を消すと蘇るようなんだが、また、すぐ、device not configured 。意味不明です。FUSE を使っているようだが、それが切れてしまうらしい。あと、log に、AppleScript のファイル名に () とかが入っている場合のエラー出てる。

Infinite Drive:Bitcasa Infinite Drive:Music:iTunes:iTunes Media:Music:Music:Janet Jackson:Janet" into type integer. (-1700)
Feb 17 15:13:20 said [0x0-0x4e04e].com.bitcasa.Bitcasa[19668]: mount_osxfusefs: mount point /Volumes/Bitcasa Infinite Drive is itself on a OSXFUSE volume

これは情けないな。他のPCで add されたものを処理するのを Finder に通知するのにタコイ実装をしているのだろうな。おかげで log が爆発。

まぁ、まだまだという感じです。あせって使うものではない感じ。いや、

* それが面白いんですが

立ち上がりの頃の不具合が楽しめるようでないとね。
Post a Comment