Sunday, 10 February 2013

Bitcasa on iPhone

bitcasa の続き。無料の時には遠慮していたんだけど(2TB程度)、金払ったのでガンガン放り込んでみる。

iPhone のアプリは、手動同期なのね。これは合理的。

* iTunes の音楽は聞ける
* DVD-R のMPGが見れる
* m2ts (BD-R) はダメ

なるほど。ということは、

* iPhone に音楽を入れる必要はもない
* SDスカパー時代の録画は全部 iPhone で見れる。

SD なスカパーはコピフリだったから。問題は、m2ts に大分部分移してしまったってことだな。なので結局ほとんど見れません。あらら。別に iPhone で見れることにはこだわりませんが。Mac では VLC で見れるものは見れます。DVD の二重音声は両方が聞こえる(しくしく)。

mp3 とか m4a とかは atrtist 毎に並べてくれるらしい。

どちらかというと全然入りきれない写真を入れたいのだが、まだ試してません。

bitcasa のアプリも新しくなっていたけど…

* 二つ起動されてわやになっていた

勝手に ~/Library/LaunchAgents に書き込むので古いのと新しいのが同時にあがったらしい。それに気がつくまで絶不調でした。

古い方は Music/Photo とかを同期するボタンがあったが、新しいのはなし。そのかわり最初に

* 全部、bitcasa に mirror するか?

と聞いてくる。ちょっおま、何やろうとしているかわかってるの?

Core i7 な iMac だと別に問題ないんですが、2008 Core2 duo iMac だと bitcasa の処理が重すぎる。NFS と同じで刺さってしまう。しかも新しいアプリが、AppleScript 経由で Finder に update をかけるので、Finder が刺さる。超悲しいです。古いものを使うか、Preference から Finder へのアクセスを落としてやると良いらしい。あと、最初から起動するのもやめないと iMac が使い物にならない。いや、Core i7 なら問題ないんですよ。

Core 2 duo で Finder から操作すると悲惨なことになるので、Terminal から rsync するのが良いようです。その方が何を転送しているのか見えるし。そういうわけで、写真の放り込み方が良くわからない。

でも、確かにこういう Cloud Storage が欲しかったんだよな。革命的かも知れない。写真と音楽は今月中には上がるんじゃなかろうか。Drop box とは違って個人に閉じて使うものだと思います。いや、きっと、色んな使い方をする人が出るんだろうな。
Post a Comment