Thursday, 12 May 2011

NHKラジオ英語会話

目覚し代わりに、ずーっと愛用してました。中学からずーっとじゃないかな。結婚してから、やらなくなった。その後、ジョン川平を聞くと言うのが、いつものパターン。

テキストは何回か買った気もしますが、ほとんどテキストなし。

効果あったかと言うと、単に聞いているだけじゃダメだよな。それに、

 これじゃ語彙量が絶望的に足らんだろ?

印象に残っているのは発音の聞き取りのチェック。rとl、sとth、cut と cat とかやるんだけど「絶望的にわからん」。特に r と l 。今でも聞き取れないんじゃなかろうか。なんだが、この間、Stargate 見てたら、th は聞き取れるようになっていた。つうか

 AMラジオじゃ、th は聞き取れないのは仕方ないんじゃないか?

って気もしますよ。はい。もう少し、集中して勉強しないとダメだよな。

26の時にイギリスに行った時と、30の時にイリギスに行った時と、言葉の入ってくる感じはずいぶん違った気がする。学問に手遅れはないと言うが、やっぱり、語学は早いうちが良いね。

でも、今は語学の勉強方法の手段はたくさんあって良いよな。lang-8 でも良いし。沖縄は東京とおなじで AFN があるので、それを聞いても良い。結構、面白い。英語の歌はだめ。サザンで日本語の勉強にはならんだろ? カラオケで歌うのは良いかも。

語学を勉強するには「母国語を遮断する時間」が必要な気がする。変人と思われてでも、勉強する言葉に集中する時間が必要。留学だと、それが自然にできるけど、インターネットがあると良くないね。

こちらに来たばかりの時には、Asharif 先生とは英語で話していたのに、今は、日本語。軟弱だ〜

Post a Comment