Thursday, 21 October 2010

Dynamic DNS

最近は、沖縄ケーブル (OCN) のプレミアムを使っているので、固定アドレスだったりするんですが、Dynamic DNS使ってます。大学からserveしちゃっても良いんだけどね。つうか、OCN でもdomainあるので、もう Dynamic DNS も要らんのだが。

wget+cron で設定していたんですが、この前のハードディスクトラブルで落してしまって。wgetって、Mac OS Xのdefaultから外されちゃったので、curl 使うんですが… curl のcommand lineって、ほとんど謎。wget の方がdefaultの動作は合理的。Perl で書けって気もするが、まぁ、なんとか。

/usr/bin/curl -s --basic -u mydns00000:PASSWORD -o /dev/null http://www.mydns.jp/login.html

で出来たので、じゃぁ、手元に持っとくかと思って、そこにセーブしようと思うと。既にあるじゃん。もっとも、wget なversionだから、curl で書き直したのは無駄ではないが。

この「探すとない」っで、「作り直して」「セーブ、あるいは仕舞おう」とすると「そこに既にある」ってのは、良くある。最初に「仕舞おうとすると、どこに仕舞うかと考えれば良いはずなんだが、何故か、出来ない。

それは、

 「こういうものが欲しい」「ここにあるはずだ」

ってのと、

 「こういうものを作った」「ここに置いておこう」

のギャップなんだよね。もう一段進まないと見つからないものだ。

Post a Comment