Saturday, 24 December 2011

iPhoto vs iPhone 解決編

どうにもこうにも同期しなくて、もう iPhoto やめて Photo Stream だけにしようかと思っていたんですが、なんか、void が「徐々に同期を増やしていったら同期した」とか言っているので、もう少し頑張ってみました。

まず、iPhone を 5.0.1 に上げてと。まだ、JB ないけど、iTether は手に入れたのでテザリングはできるので問題ないです。JB は、だいたい3ヶ月はかかるらしい。でも、もう結構立ってるんだけどね。JB は、要するにセキュリティのバグなので、それが必ずzある状況ってのは学者的には微妙な状況。どうせ帯域制限しているわけだからテザリングさせないのは根拠ないと思うけど。

でも、もちろん、それで同期が治るわけもなく。少し期待したんだけど。

同期させるとバックアップとアプリと音楽の同期の後に写真の同期に行くわけだけど、そこで waiting items to copy とかのメッセージで止まるパターン。でも、Photo Stream は動いているので最新の写真は見れる。写真の同期を外すと同期自体は終了するので写真だけの問題らしい。

でも、4万中1万ぐらい落ちている。2008 年のとか30枚だったり。(iPhoto 11 だと、2008/1/1-2009/1/2 と設定すると年毎に分けられます。2007/12/31-2008/12/31 ではバグる)

で、その年毎のアルバムだけを同期させてみる。waiting for changes to be applied ダメじゃん。一つだけにしてもだめ。そんなことだろうと思ったよ。

で、void が(またかよ) 「アップグレードした iPhoto だとなりやすい」とか言うので、iPhoto Library Manager (昔はこれで複数のライブラリに分けていた) で、新規 iPhoto にして、そこに 2011 分だけ放り込みます。そこで、同期。「置き換えるか」と聞いてくるので yes 。そこで、同期。waiting for changes to be applied ダメじゃん。

そこで諦めて、元に戻して新しい方は消して、念のために最後の同期。「置き換えるか」と聞いてくるので yes 。で、waiting for changes to be applied 当然だよな。なんだけど、そこ放置して寝てたら、

copying 5035 in 10789

とか出た。1万ってなんだよ? あれれ。そのまま無事同期終了。なんだよ。でも、同期できたみたいです。

ということは iPhoto Library Manager の switch が効いたってこと? あるいは、wating for changes to be applied の待ちが足りなかったか。

Post a Comment