Tuesday, 2 November 2010

Open Office

なんか、nkf を16bit環境で動かすパッチが出てました。もうやめれと思うが、自分でも時々使う。nkf -g が便利すぎ。

数年前に、PowerPoint編集したいとか言われてノートPCを見てみると、Windows Me 。まさかと思いつつ、Open Office を
探してみるとあった。すごい。動くのか。まさか、今、Windows Me 使っている人はいないと思いますがね。

MS Office 2007は買ったんだが、地獄のように重くて、この間、ノートを買えた時に捨てました。その時に、Adobe CS2も一緒に捨てました。要らんし。おかげで、OmniGraffleで.aiを開けるはめになったが。

で、替わりに OOo 使ってますが、特に問題ないです。ほとんど使わないし。Excel で送られても、HTML/table で返したりするしな。

MS Officeが重いのは COM をエミュレートしているせいだと思うが、何がうれしいかは良くわからない。Office 間の連係かな。

NEXTSTEPは、アプリケーション間の連係は、Display PostScript経由だったのですが、Display PDFになって、後退した感じ。まぁ、仕方がないかなぁ。

そういうしがらみがないOOoは結構軽いです。どっかで Java って書いていた人がいたが、Mac OS XのOOoって Java じゃないよね?

でも、Sunって書いてあるな。今、Down Load すると、Orcale って書いてあるのか?

大学で MS Office から OOo に乗り換えれば、一千万円は浮くはずです。一億はいきません。つうか、SASの二千万円なんとかしろって思うが。医学部だから無理か。

山形県、検証の末OpenOffice.orgへの完全移行にゴーサイン
http://slashdot.jp/opensource/article.pl?sid=10/10/31/1113218

Post a Comment