Thursday, 31 January 2013

体罰

ちまたでいろいろ取り上げられてますが、

* 体罰なんかでやる気になんかならない

やる奴はやるし。体罰でなくても、やる必要があるならやるものだし。単位が欲しければ勉強するしかないし。

学生はさぼるのが本分で、合理的にサボるなら悪いことだとは思わない。実直に役に立たないことをするのは馬鹿げてる。でも、学問は
筋トレみたいなものだから、

* やらないとどうしようもない

計算練習とか実習とか「手を動かさないとどうしようもない」。そこで、

* どうしてもやろうとしない

学生がいるんだよね。そこでぶってやらせるといういのは、

* 無能の証

だと思う。他に方法はいくらでもある。本人が納得しなければ意味ないし。

でも結局、これだよね。

http://www.ym56.net/meigen.html
やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、
ほめてやらねば、人は動かず。

いや、まぁ、面倒なものだよ。でも、それが人を育てるということだからなぁ。

大学の先生で体罰ってのはあまりないと思うけど、大学の先生は教育法とか教えてもらってないので少し変だよね。板書しまくっている先生もいるしなぁ。
高専とかは「TAなし」だったりするし。それで数十人学生がいたら板書的な授業しかできないよ。座学は結局は、

* 寄席か、お経

にしかならないと思う。それなら録画で良いと思う。重要なのは、やってみせることと、やらせて見ることだと思います。

僕も血圧のせいか、怒りっぽいので、学生を怒鳴りつけるぐらいは日常だったりする。あんまりよくないよね。
Post a Comment