Sunday, 27 May 2012

ソース読み会3日目

午前中の node.js は、

*  gdb 上で走る node.js
*  node.js 上での javascript は Eclipse 上で表示
*  chrome browser 上の client javascript

という環境までできていたので楽勝でした。

kevent で poling して、下の層から上の層に順々に call back が上がっていって、途中で、v8 Engine の call を呼び出すという方式。

socket.io は session 層は javascript で書いてある。パケットのデコードは、なんと正規表現。なるほどね。

思ったより、良く出きていてソースも悪くなかったです。コメントゼロだけどな。しかし変更しすぎ。これじゃ付いていけないよ。

Single Thread なので読みやすいね。僕もSingle Thread なサーバを使ってましたが、去年書いた Multi Thread なサーバが以外に性能が出なかったりで、Single Thread には、Single Thread は良さがあるということもわかりました。

 * * *

なんだが、午後の Hadoop は迷走。Blade 上では動いているのだが、Eclipse とも jdb とも接続されてないので読み様がない。

2年前に読んだ時には、卒論で Hadoop な人がいたので環境的に完璧だったんだが、今回はダメダメだ。Eclipse 上でも動かないし、テストプログラムのコンパイルも通らないような状況なので、ちょっと手も足も出ませんでした。これは、もう一回だな。

それほど、難しいとは思わないが、大きなソースコードだし、関わるプロセスやサーバが多いので、やっぱり丁寧に準備しないとダメだね。少し甘く見てました。

まぁ、Hadoop の復習ができたのは良かったけど。一応、動作環境も用意できたしね。来週もやるの? 本気?
Post a Comment