Tuesday, 7 February 2012

Band Aid 傷パワーパッド

だいぶ豆作ったので貼っておいたのですが快適です。お風呂でしみないのが良いね。
* 「翌日の傷には貼るな」
と書いてある。そうなのか。
* * *
歩きといえば、長く歩くのがあまり苦でないのは、中学高校の頃の山登りのせいか。
千丈岳、北岳、剣、槍、穂高。面白かったねです。とはいえ、年2回ぐらいなはずです。僕は冬山はやらなかったけど。あの頃は父が自分の山靴をくれたのだけど、既にかなり古いものだった。今でも実家に眠っているだろうけど。一週間山にいると豆がつぶれて痛かったが、山は、それでも気持ちが良かった。どんなに疲れても下山になると、みんな元気になって駆け下りる。荷物も軽いしね。大学1年までは登った。
多少、足が痛くても歩くしかないから歩く。登る。登って下がる。そして登る。歌とか歌うのは、むしろ余裕がない証拠。
前にも書いたけど、
* 山は人間の立ち入る場所ではない
という感覚がある。結局、汚すことしかできないし。寿司とかと同じで山登りは日本でしかできないことの一つではあるんだけど。そう言えば、富士山は5合目までで、頂上まで登ったことはないです。
最初に奥多摩に行って、目的地に行きつけなかったとか、河原を12km歩いてへばったとか。そんな記憶があるな。当時は8mmに凝っていたし、部長は写真部だったしで、結構、写真や8mm映画はあったのだが、手元にはほとんど残ってません。ちなみに高校の山岳部は消滅したらしい。今時リスクが合わないよね。ライバルだったワンダーフォーゲル部は残っているんだろうか?
沖縄では山登りはないな。それほどの山もないし。北部にはいくつかあるけど、それほど高くはない。
Post a Comment