Tuesday, 17 January 2012

Ruby on Rails on Windows

高専の授業のためにMac OS X に苦労して入れたんですが…

案の定、Windows 側でも苦労しまくりらしい。sudo がないなんてメッセージも見た。mingw がどうこうってのは、まぁ、入れ足りないだけなんですが、

* bundle install が、Web proxy に引っかかる

あぁ、そうですか。Perlのmodule managerは proxy 対応なんだけど。HTTP_PROXY を設定すれば良いはずだが… 時間切れ。

「高専生は優秀だから大丈夫ですよ」まぁ、その辺りで苦労するのも授業のうちだとは思うんだけど。あまり時間かけるのもなぁ。

Servlet/Tomcat よりもましかというとどうかなぁ。確かに、rails generate で table 作ってくれるのはうれしいんだけど、ほかはあんまり差がないかも。html の生成とか、routing とか、action の記述とか。

学生は「mongo DBどうですか?」とか、シナトラとか、Node.js とか言うけど、

* データベースの授業

なんだよ。データベースの授業受けて「SQL知りません」で通るわけないだろ? まぁ、プログラミング3,4 とか大学院ならね。実際、使っているし。勉強会ポータルなグループには、Mongo DB 使えばと言ったのだが。

KVS (Key Value Store) って話も出てましたが、正規形にしてしまえば、自然に KVS になるし、Consistent Hash とか Two phase commit とか、Paxos とか、やる時間ありませんです。

とか考えると、琉大情報工学科のカリキュラムも絶望的に古いよな〜 一部の授業で手直ししてもダメで、システム的に直さないとダメなんだけど… まぁ、大学は自分で勉強するところだからさ。

Post a Comment