Sunday, 29 January 2012

Mac OS X Lion

まぁ「うちの学科はドッグフードを食うんだ」というわけで、学生には「さっさとLionに上げろ」と主張してるわけですが… これがまぁ、いろいろやってくれる。

* 何をするにしろ虹色アイコン

10.1 に戻ったような感じ。とにかく待つ。ひたすら待つ。iPhoto が地獄のように遅い。Google Chrome 、そして、xterm までもが止まる。新しいプロセスを起動する時に止められる感じ。既に動いているものは止まらない。

これは、OSの課題でメモリを食うプログラムを走らせるのを出してみてもわかる。がんがんメモリ食うのを後ろで走らせても、既に動いているプログラムは平然と動く。Misson Control でさえも。メモリを食っている奴は Control C さえも延期。kill は即座に効くらしい。

* iPhoto 11 がたこ

iPhoto 11 がドアホなことも確かでデータベースをXMLとsqlite3の両方で持っていたり勝手なdbを持っていたりで、全然だめね。特に iPhone との同期がどうにもとれなくて諦めたのは既に書いた。

しかし、Photo Stream は Lion から。 iCloud が強力に Lion を要求するのでどうしようもない。Photo Stream 自体は安定していて非常に便利なんだけど。

* スクロールの方向

これは慣れる。ただし「Snow Leopard と混ぜなければ」。というか、Lion の方が合理的。

* VNC Server の仕様が変更に。

何故変える? おかげで Tight VNC ベースのうちで作っているのが動かなくなった。

* gcc ではなく LLVM に。

結構、いろいろ書き直し。Easy Package のもだいぶ変更した。普通に使っていればソースの変更は最小。しかし、GCC はダメ。LLVM ではコンパイルできない。わざとだろ? LLVM 用の include file のマクロがひどい話は前に書いた。

* Launch Pad

なんのために付いているのか意味不明。

* Gesture は便利

Space の切り替えや Mission Control ね。3本指。

* Full Screen mode

Web を授業で使うには便利。他は使わないかな〜 もっとも、Google Chrome 使っている理由は Presentation mode だったので…

* sync がない

iCould になっちゃので。でも、アイコンだけ残っているな。消せるのか? あ、MobileMe から Sign Out すれば良いのか。

* メディアがない

地味に不便。Lion Server は、どうやっていれればいいんだ?

Post a Comment