Sunday, 3 May 2009

幸せは伝染する

Th 2009 TIME 100 の一人、Nicholas Christakis によれば、

Using data from a study that tracked about 5,000 people over 20 years, he suggests that happiness, like the flu, can spread from person to person.

だそうです。(肥満とか喫煙も伝染するらしい...)

 http://tinyurl.com/d8mdwv

幸せってのは心の状態で、本人の経済的社会的状況には関係ない。むしろ、化学的なもので、本人が幸せだと思えば、幸せなんだよね。

歯が痛いとか病気で寝ている時とか、それさえなければ、どんなに幸せかと思う。実際、治った時には、すごい幸せに感じる。でも、それを忘れてしまえば、どんな小さなことからも不幸になれる。

母を看病して感じたのは「ほんの少しの症状の改善でもうれしく感じる」ということ。一種の罠でもあるんだけど、そんなものらしいです。もちろん、良く見てないと気づかないことだったりするんだけど。特に脳の高次機能だと、結構、注意力がいる。

本人も、そろそろ自覚があるから「あぁ、こんなことも出来ない」とか言い始めてますが、起き上がるのでさえない、横になる練習から始めたのを見ていると、すごい進歩です。しかも「出来ない」とか言っているけど、同じことをさせると「確かに先週より進歩している」。本人は、気づかない。

出来ないことなんてたくさんある。でも、自分が出来ること、出来るようになったことに、もっと着目するべきだと思う。それに気づかないのが、病気の病気たる所以なわけだけど。

少なくとも今日一日を生きたと言うことは、今まで自分には出来なかった18023日目を新しく生きていると言うこと。それは、無駄ではないし、とても幸せなことなんだと思う。

不幸を伝染させるよりは、幸せを伝染させたい。それには、自分が幸せだと言うことを自覚すれば良い。それには、自分が不幸だった頃を思い出せば良いんだと思う。あの時より、今の方が、ずーっと、ましです。

Post a Comment