Tuesday, 30 December 2008

銀河帝国の崩壊 Against the fall of night

実家で発見しました。210ページで短いので、読み直してみました。

A.C.クラーク。創元推理で64年初版で77年の30版(200円)を持っているらしい。「やっぱり、持ってないとな」と思って買った記憶があります。

Against だから、邦題は少し違うんだけどね。最初に読んだのは、たぶん、72年なんじゃないかな。「銀河帝国の興亡」の方を先に読んだので、かなり、がっかりした記憶がある。「終ってない」ってのが当時の印象でしょう。「地球幼年期の終り」の方が良くできてるし。

で、ベンフォードが「悠久の銀河帝国」Beyond the fall night ってのを書くんだけど、まぁ、そっちは思い出したくないです。A.C.クラーク自身も、リメイクの「都市と星」を書くわけだけど、そっちの方が手に入りやすいかも。

でも、こっちの方が良いと思う。邦訳の問題か、少し説明不足的な文章なんだけど、勢いがあるからね。77年に読み直したってことは、その時には気に入っていたのだと思う。

アルビンが、閉鎖都市のダイアスパーから抜け出して、もう一つの都市を発見し、そこで、シャルミレンの遺跡で大人(たいじん)に使えたロボットを発見して、銀河帝国が滅んだ理由と、その残したものを発見する。謎解きがシンプルで良いです。「都市と星」の方が捻ってあるが、こちらの方が好きかな。特に、ロボットのセキュリティの破り方とか。

今、読み直すと、コンピュータが結構詳しい。ロボットに自己言及を含む難しい命令を理解できるかどうかとか、連想機と呼ばれる「なんでも検索してくれる機械」と、それによって、ダイアスパーの人々の記憶力が落ちたとか。

純粋知性とか狂った精神とかが面白い。リスの人々が自信持って「自分達で成長を促進出来る」みたいないことを言うのは、当時読んでもそれはないだろと思ってました。いきなり、大人の精神を作ると「狂った精神」になっちゃうのは、そうだろうと思う。子供の知性から始めたのは、それを防ぐためだよね。クラークが、そのように考えたのかどうかは知りませんが。

終り方は、今でも納得できないかな。アルビンがダイアスパー/リスに残るのは不自然だと思う。「他を探しても無駄」ってのは、なんか変。

Post a Comment