Friday, 13 July 2012

時空警察ヴェッカー

どうでも良いアイドルものなんだけどね。2006年辺りに録画したらしいです。発掘してみました。

時空警察ヴェッカー 3本
時空警察ヴェッカー DO2 Phase 1-Phose 9.5

なんですが、時空警察ヴェッカーは、割とまとも。あまりタイムパラドックスとか扱わないのも、下手に扱うよりは好感持てる。やるなら、ちゃんとして欲しいし。クロノライナーは、それなりにかっこ良いし、いきなり、クロノライナーの制限とか出てきて「おぉ」って思った。

DO2 では用語がなかなかよろしい。ローレンツホールとかシュバルツシュルトシートとか。カナとメイの対立もシリアスな割にあほらしくて良いです。

でも、それ以外は、なんか、学祭の演劇ですか? みたいな印象でした。DO2のPhase 2,3 とか、ひどい。ひどすぎる。いや、そこまでしか見てないんだけど。後半良くなるのかな。

安物感は「その敵、さっき倒していたよね」から来ているのではないかと思うけど、多少の脚本の矛盾には目をつぶるというか、意図的に矛盾を入れる方針?!

信じられませんが、6月に舞台があったらしい。

http://weckerx.info/

まぁ、ある意味では、そういうのに向いているのかな〜 アイドルの売り方か。
Post a Comment