Sunday, 19 September 2010

ちょっと複雑すぎ

REPは、リング上で走るプロトコルなんだけど、ちょっと複雑にしすぎた…

でも、既に、ゆっくりやりすぎたプロジェクトだしなぁ。なので、取りあえず、複雑なまま動かす方針です。いや、単なる趣味です。

でも、本当に難しいのは、配送遅延とか切断とかがあった時なんだけど、そこはやってない。切断時のを、まだ考えてなかったり。リングだと一ヶ所が止まると全部止まるからな。遅延には強いようには作ってあるんだけど。

リングじゃなくて、スター型に組むとやさしいのはわかっていたんですが、リングでもいけると思っていたんだけど、最後の段階で入れた変更が予想外に大変。これは、学生では無理だよ。もともと学生のアイデアだったので、それは複雑だと一応止めたんだが… こうこうで複雑になるよね? と言うと、その解決策が思い付くわけで。

いや、でも実際、地獄のように複雑。そもそも、テストルーチン組んで、全体が停止するようにするだけで大変だった。

でも、あと、もう少しなはずです。

来週は、また、あっちの方をやらないといけないから、今日明日中に上げないとまずいしな。

なんだが、これが終っても、client のEditor側をやらないといけない。ま、そっちは、それほど複雑ではないので学生向きかも。そのために複雑にしたところもあるからなぁ。

でも、これが動いた段階で、スター型に書き直すと思う。その方が切断とか書きやすいから。おそらく一旦動けば、その書き換えは、それほど難しくないと思う。

あぁ、でも、なんか、もう少しやる気が出ないとダメかも。

Post a Comment