Tuesday, 13 April 2010

千の目先生

石ノ森章太郎の名作です。

いろいろ思い出はあるんだが、従姉妹の家でリアルタイムで読んでいるはずです。この頃って、連載を断片的にしか読めないと言うのが良くあるパターン。女性誌だし。

美人(と言っても、石ノ森章太郎の美人って、全部、同じなんだけど)の超能力を持つ女教師と言う設定。少し、大人っぽい。

説明が少なく、話の間のつながりも希薄。さっぱりわからないのが芸風な時代。この頃既に分業していたらしく、そのせいもあると思う。完成のチェックはあったと思うんだけど、もともとあんまり説明しない人だし。

文庫を持っているんですが、なんか違和感があったんですが、HAL-CONで、

 石ノ森章太郎研究叙説Vol.1 -千の目先生- http://bit.ly/9weWdZ

買ってみると一話丸々抜けていると書いてあり、その部分が収録されている!

そうだったのか。しかも、船を飛ばすシーンとかの大活躍する部分。そりゃ、違和感あるよ。もともと、場面の切替えが多い作品なので、どこそこに入るという記述はあるんですけど、わかりにくいです。表紙とか抜けてしまうから、連載と単行本では、異なるのは仕方ないんだけど。でも、一話抜けてしまうってのはひどい話だ。

ebook store に電子書籍版もあるが315円 x 2。買って確認するには高く感じる。

HAL-CON の収穫の一つでした。レビューにしたかったが、検索では見つかりませんでした。

Wikipedia で調べると、「好き!好き!!魔女先生」の方を詳しく書いてあるので、ちょっとがっかり。
~

Post a Comment