Monday, 12 April 2010

イブの時間

ちょっと話題になっていた(のかな?)ので、観て来ました。池袋テアトルダイヤで、朝と夜のみ。予約無しでもいけるっぽいです。

ロボット物。それも人間そっくりなのに、技とマークを付けて区別する方法。アシモフ三原則ものです。

このレベルのロボットの心を可能にするのは、よほどの技術革新がないとダメでしょう。今のTuring Machine 系では原理的にダメな可能性もあります。が、出来る可能性もある。まだ、良くわかってない。

それは、さて置いても、どういうわけで、この物語の状況になっているのか説明出来ない感じ。まぁ、気にしてもしょうがない部分だし、あんまり説明されてもいないので、気にするなってことだと思います。少なくとも映画では。

それを除けば、良くできていたと思います。逆に、そのギャップを楽しむのも可能か? そんなこんなで、極めて難解でもあるし、まぁ、流されて楽しめれば良い映画でもある感じ。

第ゼロ法則は、一般には隠されているんでしたっけ。続きがあるなら、そこに突っ込むと思うので期待したいところです。つうか、原作いくのか? パンフレット買うべきだったか? 900円は高いと感じたので買いませんでしたが...

子供の頃、パンフレットのことをカタログと言って笑われたのを思い出した。

Post a Comment