Wednesday, 9 September 2009

エンディミオン

と言うわけで、読み終りました。でも、エンディミオンの覚醒までの幕間みたいな感じ?

テティス河をめぐる逃亡者側(エディミオン、アイネイアー)と、急使船ラファエルで追跡するデ・ソヤ大佐の話。

あんまり話は進まないような気もしますが、楽しめました。切れ切れのテティス河毎に異なる話があるので、独立した物語の集合であるハイペリオンに対応していると言えないこともない...

東京にいる間に、覚醒を読み終るかどうかは微妙。最近は、意図的にゆっくり読んでるしな。高校生の頃は、一日一冊に近かったが...

Post a Comment