Tuesday, 6 January 2009

母艦とノートPCの同期

Mac OS X になってから、iPhoto/iTunes で普通に管理しています。

Mail.app は、.Mac 専用。なんか、mobileMe があと4日で切れるとか脅しをかけて来るが無視。MH使って、rsync で同期して、古いものは msh で pack してます。今年は、一つ設定ファイル(compのひな型)を消してしまってはまりました。foreach one liner で移動することが多い。古いメールは、1.9GB。Mail.app / Thunderbird で処理するとか考えられないです。出来るのかも知れないけど。

iPhoto はversionが変わるたびに、dataの構成が変わるのでうんざり。でも、iPhoto '08 は、Original/Modified という形式になって大分ましになりました。こいつも、iPhoto Library Manager で分離して管理してます。初期(2004)の頃に、1000を越えると遅くなるという技を出していたらしく、その頃はかなり細かく分離してました。今年は、それらを年毎にまとめて見ました。5万枚程度らしいので、一つに入れることは、今は不可能ではないと思うが、iPhone に全部コピられたりすると困るしな。容量の関係で、ノート側には
今年分しか入れてなかったりしたんですが、200GBあると、31GB 全部入れてもOkならしい。

iTunes には、PDFも入れたりしていて、rsync で、そのまま、母艦にコピーしてます。それでも動くように設計されているらしい。iTMSで買った曲のライセンスとかも問題なく動くので偉いと思います。こっちは最近、40GBになったらしい。iPhoneの32GBが出てもだめか。PDFもiPhoneにコピーして欲しい気もする。例のIDの文字化け問題でわからなくなった、沖縄曲が結構ある。これに関しては怒ってますが、もういいやってのが本音だな。

Program code は、CVS/Mercurialが入り乱れている。世間的には git が広まりつつあるようだが、Mercurial 悪くないかな。少数派なのはいつものことだし。今年中には、CVSは駆逐出来るでしょう。hg init/scp 出来るのは強力。

Application は EasyPackage 。configure/make も躊躇しませんが、学生に繰り返しやらされるよりは、EasyPackage に入れてしまった方が良い。Macsyma/clisp/SWI-Prolog欲しいとか思ってます。> epkg ML に書くか。

その他の文書は、~/note, ~/papers, ~/Project で、それぞれ、old/05 とかのsubdirectory に古いものは移動してます。時間系列順に追いにくいのが欠点だが、まぁ、いいです。

どれも手動で年末に移動という感じだな。old の下を実体にして symbolic link してやっても良いんだけど。こういうのが自動的に出来るファイルシステムとかも面白いかも。Persistent な Spotlight があればいいのか? Smart Folder って、そういえば、使ってないな。最後に開いた日じゃなくて、変更した日ってのはないのか?

昔書いた図とか探すのが面倒。結局、もう一度書いたりしてます。そうか、Smart Folderで .graffle を探して、quick look すれば良いのか?

とか思うと、OmniGraffle が quick look 出来なくなってるな。切っちゃったのか? smart folderもquick look も spotlight も使わなければ関係ないか。

Post a Comment