Monday, 25 June 2012

EverNote の使い方

何回か書いてるけど。最近は似たようなサービスも多い。惰性で使っているところもあるね。かなり初期の頃からのユーザです。

Web Service 上に個人のファイルを置いて、iPhone とかからアクセスできるサービス。iPhone が出た頃は、写真を一気にWebに上げる方法も、音声メモも、ノートをMac と同期する方法もなかった。なので、EverNote が、それを一気に可能にするので必須だったと思う。もっとも、音声メモは僕には不向きなので、まったく使いませんでしたけど。今は、EverNote の必要性はだいぶ減ったかも。

月額転送量にお金がかかるので、月単位(450円)でも年単位(4,500円)でも、必要な時だけ入ればよいらしい。プレミアムになると、少し優先順位があがったりするらしい。昔は、プレミアムでないと「ローカルコピーが使えない」とかいうふざけた仕様だったが、それはさすがにやめたのか。50MB は、名刺とかには十分。でも、さっき、うっかりでかいのを入れてしまって警告食らった。プレミアムに上げるか?

たぶん、一番多いのは名刺。写真取って、そのまま Notebook 入れて終わり。その場で撮って入れるのが良いです。ぼけぼけだったらがっかりだけど。OCR の精度はいまいち。でも、名刺を見返すなんてあまりないし。営業職じゃないからな。

学生の写真を入れるとかもありかなと思うが、最近、あまり学生の顔と名前を覚える努力をしてない。ごめん〜 学生の顔を覚えるには、小論文が良いのだが、なんとなく贔屓につながるだけなような気もする。学生は覚えてもらえばうれしいんだろうけど。

録画した番組のリストとかも入れてます。DVDのファイル番号別。探す時には便利。だいぶHDDに入れたけど、ファイルから取り出すのと、それほど差があるわけでもない。取り残した回の一覧とか。

あとは、カラオケの曲かな。歌ったものだったり、他の人が歌って印象に残ったものだったり。

そういうメモに便利かな。寄ってみたいお店とか。授業や論文のアイデアとか。

沖縄民謡の歌詞とかも入れたいと思うだが、はたせてないです。量が多いんだよ。有名なものでも400曲以上あるはず。三線やれとか周囲はうるさいが、はまるとそれはそれはお金がかかる分野でもあるらしい。ま、趣味です。

バスの時間割はWebから探すUIが極めて面倒なので、時刻表を写真の撮ってます。なのだが、前述の「プレミアムでないとローカルコピーが使えない」ってのがあって、EverNote に放り込むのは実用的ではなかったのだけど、今は、それなりに使えるみたい。Good Reader はローカルコピーなので早くて良いのだが、検索UIが最低だからな。なので、これからは時刻表は EverNote が良いかも。

ローカルコピーが手元にあるのは安心だよね。それだけに、EverNote の良さは UI に依存すると思う。そんなに劇的に良いわけでもないが、検索とかはお気楽で良い。

名刺とかを Address Book に入れちゃうと、収集つかなくなるけど、EverNote なら「入れっぱなしで忘れる」ので十分。名刺と Facebook の連携とかが欲しい気もするかな。

飲んだワインのラベルを撮って感想を書くなんていう使い方もあるらしいけど、加藤食堂で「いつもの」しか飲まない人には関係ないらしいです。

公開する方法もあるのだが、そういう用途には使わないですね。
Post a Comment