Monday, 20 May 2013

圏論の続き

手元にあるのは、Category Theory for working mathematician と、Introduction Hihger order categorical logic と、Category Theory for Computer Science で、どれも書いてあることはほとんど同じ。いや、後ろの方はいろいろ違うんだけど intro は同じ。そりゃそうだ。どれも古いです。

層圏トポスもあるはずなんだが、見当たらんな。

買った時にちゃんと読めよとは思うんだけど、まさか、今更、Monad とかの用語を見るとは思わず。いや、Edingbrugh とかでは結構見たんですけどね。Monad は、Triple とか standard construction とかの別名だったのか。

Universal mapping problem と Adjuction の対応の 3行の証明の確認が午前中で終わらないってのは、どういうことなんだよ。ま、stack overflow って感じもあるかな。

もう少し、直観が欲しいところなんだけど、いろいろ限界あるね。
Post a Comment