Tuesday, 21 May 2013

Bitcasa の upload の自動調整

while [ 0 != `du -s ~/Library/Caches/com.bitcasa.Bitcasa/Data/bks/outgoing|awk '{print $1}'` ]; do
sleep 1800
done

とすれば、Bitcasa の output buffer が空になるまで待てるのがわかりました。

1時間 rsync して、それを全部送るまで 3時間から6時間。週末は遅くなるというパターン。なので手動調整してたので、自動になるのはうれしいです。

output queue の size が見れないと思い込んだのだが、割と簡単にわかるのだった。

buffer を空にしないと、iApp/Web 側に upload が反映されないというのがあるみたい。どうも最新のものを優先に upload するからかな。ずーっと、
upload していると、送られないものが溜まったり。

4.8TB ぐらい上げたので、5月中には一段落かな〜

全体のスクリプトはこんな感じ。

src=hoge
log=/tmp/rsync.log
while ((1)); do
(echo -n "awake " ; date ) >>& $log
(sleep 3600; (echo >>& $log) ; killall rsync ) &
rsync -avP $src /Volumes/Bitcasa\ Infinite\ Drive/My\ Infinite/>>& $log
(echo -n "sleep " ; date ) >>& $log;
sleep 7200
while [ 0 != `du -s ~/Library/Caches/com.bitcasa.Bitcasa/Data/bks/outgoing|awk '{print $1}'` ]; do
sleep 1800
done
done

ちょっと、風邪がぶり返してるな。痰がちょっと。よわよわだ。
Post a Comment