Tuesday, 25 November 2014

IP address filtering

うちは、class B 大域アドレスで全部するするだったわけですが、それをこころよく思ってない人たちもいるわけで。filtering することに。

何かうだうだ言っているので「IPアドレス申請システムに特定のレンジのIPを割り振るようにすれば良い」と言ったのだが、ルータの設定も変えないといけないので面倒だと。だったら、リスト出せば良いのねってことになったんですが、自分の申請の

* IPv6側を落とされた

システムにはIPv4/IPv6と両方登録しているんだから片方落とすみたいなことするなよ。EUI64と、独自割り当てと混在しているので面倒くさいのはわかるんだけど。もちろん、自分のところはIPv6も通しているのね。ひどい。まぁ、その最後の一文「IPv6書いてない人はIPv6は通しません」を見逃した人が悪いんだろうけど。

DNSには両方登録してあるので片方落とすと面倒いと言うのはわかっているはずなんだよな。

まぁ、filtering するなら class B 返却しろよとも思う。でも、

* IPv4 address ケチってなければ、今頃、IPv6 に移行してた

って説もある。IPv6 通してれば、それなりにアクセス来る時代にはなりました。
Post a Comment