Friday, 7 November 2014

生方さんの演奏

フランスから沖縄へようこそ。北谷のMODSと、宜野湾の南国の夜での演奏でした。11/5,6 ですね。blog が全然、追いついてない。

北谷は琉大からはバスで行くと三回乗り換えなので、超絶不便。なのでパスしようと思っていたんですが、山田さんから「行く?」乗っけてもらえるなら行くか。

MODSでは、生方ソロ、ひげの未亡人、フランス人二人組、そして、さらに生方さんを加えて三人。そういう感じで9時から11まででした。出掛けの駄賃で、美浜を青に染めてきました。あっさり、ひっくり返されたけどね。

生方氏は相変わらず「テルミンが壊れた」って前回も同じことやったよね? で、前回と同じくテルミンではなく、リボンコントローラなペルセフォンというシンセサイザー。生方氏は音階のないような方が僕は面白いと思う。

次のひげの未亡人は、ミニスカート履いたおっさんが70年代なビデオの前で歌い踊りまくるみたいなものでした。まぁ、面白かったです。シャンソンっぽい感じの音楽で。

フランス人二人組はバロック inspired をシンセ二台でダンス音楽っぽく演奏というもの。新しいって感じとは違うよな。生方さんとのトリオも、面白かった。でも、もっとバロックを破壊して欲しかったかも。

翌日の南国の夜は、12時まではレコードコンサートで、またクラッシク系をシンセでってのをたくさん聞きました。冨田勲の惑星聴いちゃったよ。ウエイクマンのあれみたいな奴とか。その後も大分変なのがかかって、山田さんと二人で、それなりに受けてはいました。12時から生方氏のソロで、美浜の時よりはノリが良かったです。

写真はうまく撮れなかったので、パス。

なのだが、MODSで食べたものが僕にはダメだったようで木曜日は腹痛で死んでました。あらら。他の人は全然平気でもダメなことがあるんだよな〜 夜には復活したので南国の夜に行ったのだけど、まだ、ちょっと残ってるな。
Post a Comment