Tuesday, 22 October 2013

Gradle

Groovy で書いた Java の構成管理ツール(make)みたいなもの。去年は Maven 使っていたんですが、いかんせん、激重で。

まぁ、準備していけば良いのだが、Eclipse の plugin との組み合わせで、まったく動かない。Run as Java application が動かくなるという素晴らしい症状。なんだよそれは…

結局、授業中はわからなかったんですが、

* directory 構成が Maven とも違い、main/test の二つになっている

そして、Eclipse plugin が、それをちゃんとやってくれないってことがわかりました。要するに、どうにかして、そこに java ファイルを持っていけば、ちゃんと動く。

でも、Maven も Gradle も jar を作ろうと思うと、pom.xml や build.gradle を手動していじる必要がある。一方で、Java って、jar を作らないとダメなところがあって。面倒な話だ。Maven 側も jar plugin が version を要求するようになっていて、はまりました。去年までは要らなかったのに。

Gradle 、Maven よりも速いかというと、ちょっと速いかな。Quick Java Project から作ると JUnit こみで作ってくれるのが Maven よりは良いかも。ant でええやんという気もしますけどね。一番速いし。JUnit とかを書くのが面倒なのと、Manifest 生成ぐらいか。
Post a Comment