Friday, 9 November 2012

クラウドとホームサーバ

iPhone は 64GB にしたのだが、音楽と写真は結局、全部は入らない… iPhoto のたこさで、写真がどうしても同期しないので、写真は Photo Stream だけにして、音楽の方を(128kbpsにそろえて)全部入れてます。

なんだけど、subsonic みたいな自前のサーバ上に置いて、そこにアクセスしても良いらしい。写真も、そうすれば良いわけだ。subsonic ではできないようなんだけど。

クラウド上に置いても良いのだが、bitcasa は、相変わらず転送中。まぁ、そんなものだろう。クラウドストレージが、どういう容量で提供されるのか予想するのは難しいけど、現状では、

* 1GB-100GB

程度の想定か。動画なしなら入らなくもないか。でも、もう足りない感じ。クラウド情けない。

なので、bitcasa の無制限ってのが面白いのだけど、成功するかどうか、いや、むしろ持続するのかどうか怪しい。

一方で、3TB 1万円の時代だからね。HDD録画機は基本的にサーバで、CHANTORU とかを使うとNATを越えて予約とかにアクセスできる。Time Capusle は、家庭にも必須だと思うけど、これはNASとしても使える。ネットは速くなってはいるのだが、TBなデータを操作するには、まだ足りない感じ。やっぱり有線だな。線増やせば容量が増えるところが有線の面白いところ。WiMAXやLTEでLANは無くなるとか言っていた人もいるけど、そうはならないと思う。

というわけなので、ホームサーバ欲しいかな。

* 信頼性の高い多重化されたストレージ
* private な配信サーバ

あたりが欲しい感じ。とか言っているってことは、まだ、構築してない。なんか良いものがあればね。

17inch 持ち歩いているので、ほとんどは、その中に入っているからな〜 まだ、ちょっと動機に欠けるかも。 ZFS も良いのだが CPU 食いなのがね。写真は、普通な Web server で良い。でも、そんなことしていると、また、世間の人とずれたものを使うようになってしまうことは確実。USB HDD の数珠つなぎってのはダサすぎる。

容量的には動画込なら 10TB は欲しいかな。3-4万円で構築可能なところが怖いです。bitcasa が backup に使えるなら良いのだが、その数週間の様子だと望み薄だな。
Post a Comment