Tuesday, 13 November 2012

中二病

具体的にそういうものがあるわけでもなく。自分がわかってきて、自分がなりたいものとなれるものがわかってくる時期ってことだよね。神秘主義にはまったり、物理や数学にはまったり。SF でもいいし。

たぶん、中学受験が終わったので、暇になったせいだと思うのだが、中一の頃から日記を書いていた。あの頃の日記は読み返したくないです。実家にまだあるはずだが。

大学の頃に再開したりしもしたけど、大学院ではまったく書かなかった。で、fj から、mixi、facebook と続くわけだね。

* 日記は暇な時に書くもの

ということだな。

思春期に限らず、いろんな物事を突き詰めて考えて書き留めるのが必要な時期があると思う。それをしないと、良くない時期にうだうだ考えることになる。まぁ、良くない時期には、何やってもダメだとも思うけど。でも多少のショートカットにはなるね。

今でも、中二病的なところはあまり変わってないな。夜中の Twitter とか、昔の日記と変わらない気もする。世の中の大勢の人の一人としての自分とかを考えるのが好きかも。世の中を変えたいとかも思うけど、それが良い方向とは限らないし。

自分を見つめる時期と、世の中に働きかける時期と、交互にある気がする。それは気質的なものな気もするが、波がないのもつまらんし。今年は自分的には、内省的な年だったかも。あまり仕事がはかどらなかったという意味でも。
Post a Comment