Sunday, 18 March 2012

ノパルガース

ジャックヴァンス 1966年のSF。なんでいまさらこんなものという感じ。短いです。でも、昔のSFってだいたいこんな長さだった。ノパルっていうのが人に取り付いて、それを宇宙人が取り除くのだが、話はまた、宇宙的な方向に、みたいなそんな変な話。

悪夢を見ているような感覚が面白い。あれに近い。「暗黒のすべての色」ロイドビッグル。1963年か。年代的にも近いね。 サンリオで読んだのは大学生の頃か?
http://kdai-toshokan.web.infoseek.co.jp/biggle.html

理屈は通ってなくて自分勝手な方向に突っ走る、そんなのだから悪夢な感覚があるんだろうなぁ。

もちろん、ノパルガースもダーゼックシリーズも人に勧められるようなSFではないんだけど、なんとなく、そういう感覚に浸るのは面白い。

竜を駆る種族は持ってないのかな。もっとも僕は竜ものはあんまり好みではないけど。

この本、買ったの忘れて、また買ってしまったので手元に2冊。しくしくです。

でも、最近読んでないから、久しぶりに一気読みしたのは良かった。

Post a Comment