Saturday, 15 June 2013

フォントの続き

結局、7x14.pcf.gz から 7x14.bdf を作って、それを手直ししました。ついでに、無い文字を探す Perl script ってのも書いてみた。

use utf8;
use open qw(:std :utf8);
while(<>) {
for my $ch ( /(.)/g ) { print ord($ch),"\n"; }
}

とかすると、utf8 1文字づつ取れてきて、ord で unicode の文字番号までわかる。便利! これが bdf の中にあるかどうか調べれば良い。

メールで探してみると、

* ローマ数字
* 丸数字
* 崎の異字体
* (株)

さらに、

* ローマ数字の小文字

なんてものも。 全部、見えるようになったが、ぜんぜん、うれしくないです...
Post a Comment