Monday, 10 February 2014

iPhoto のフロー

この間、書いた、iPhoto の Library を YYYY/MM/YYYY-MM-DD のフォルダに hard link する script が結構調子が良い。

Digital Camera
iPhone --- Photo Stream -> iPhoto -> Folder -> Bitcasa
PC

と流せば良いわけね。Bitcasa iApp は、直上の Folder 名で見れるので、この方式が良いらしい。

定型的なフォルダに入れば、あとは、それを PC / Cloud 間で同期するのは簡単。iPhoto の複雑怪奇なFolderが、すべてをダメにしていたけ。

やっぱり、

Keep It Simple

ってことだな。まぁ、iPhoto の顔認識やマップとかは便利ではあるんだけど、あくまでも補助的なもの。

日付を iPhoto のを使うか Exif の使うか、ちょっと迷う。理論的には一致しているはずなんだけど。iPhoto 側で日付を編集したり、古い写真には Exif が付いてなかったり。結構、微妙。Exif 使うと個々のファイルを見るので遅いのが欠点だな。
Post a Comment