Saturday, 15 February 2014

研究室のテレビの調子が悪い

45inch の初期の Aquosで、当時、40万円ぐらいしたんじゃないかと。何年前に買ったんだ。なんだが、ここ一週間、

  画面半分が暗くなる

10年は経ってないのだが、さすがに寿命か。修理はないと思う。蛍光管ではないらしい。

  画面を押さえると直る (秘孔を点く)
  しばらくして、温まると安定する

というわけなので、画面上の配線か何かが剥離したんでしょう。

昔はプロジェクタでゼミやっていたんですが、最近は、

45inchに表示してペアプロ
45inchを画面共有してゼミ

みたいなパターン。なので、壊れて、ちょっと困ってます。でも、

今、40万円出せば70inch買える

説も。いや、お金があるかどうかはわからないんだけど。

プロジェクタよりも液晶テレビの方が見やすい年齢になったということなのかな。手元のiPadにVNCというのもやってます。

ビルとか建てる時に、壁に大画面ディスプレイを付けておくのは良いと思うんだよね。LEDなら長持ちするだろうし。そもそも、テレビは10年使うものだし。

まぁ、もっぱらゲームに使われているのは知ってますが、それで研究室にいついてくれるなら、それも悪くはないかな。
Post a Comment