Monday, 22 August 2011

iPhoto directory

iPhoto って version up の度に directory 構成を変える極悪ソフトなんだよね。やっちゃいけないことなんじゃないかなぁ。頭悪いんじゃないの?

iPhoto 9 でも、Masters とか言うのに全部のファイルが移されてる。そんなことされたら backup が破綻しちゃう。まぁ、それでも追従できる超素晴しい Backup もなくはない。共通部分を一緒にするDBとかもあるしね。でも、もちろん、

 Time Machine は、それほど頭は良くない

最初の頃は激遲だったし。Tiger でだいぶ速くはなったんだが… それでも、

 Time Machine 側で55GB
 母艦とのrsyncで70GB

移動する必要がある。たかが iPhoto のversion upのために。で、

 Time Machineが 3時間
 rsync が 2時間

まぁ、それでも2時間で70GB copyできるのか。Time Machine で三日費してた頃に比べれば天国。

 http://seeker-s-eye.blogspot.com/2008/03/time-capsule.html

ノートPC は、たまにしか Time Machine してないので、前回は7/2だったらしいです。母艦とのrsyncも三日に一度ぐらいかなぁ。

 そんなんで良いのか?

という気もするが、まぁ、良いのかも。大抵のデータは Mercurial で version 管理してるし。でも、あとで見ると、

 add し忘れ

が多い。hg status 見れば良いだけなんだが。

SSD のリカバリは難しいらしい。メーカーが考慮して作ってないからね。リカバリは足元見られますが、写真のリカバリが多いらしい。HDD なら、ほとんどリカバリできるらしい。自分でやったこともあるけど、ダメなときはダメな感じ。バックアップが重要だよね。

 HDD障害のプロに聞く
 http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1108/19/news068.html

Post a Comment