Tuesday, 11 December 2007

Perl/Tk



授業で使おうと思ったら教卓のiMacで動かない。



install されているPerl が5.8.8 で、Tk が5.8.5 。つまり、EasyPackage のinstallしたPerl のversionがずれているだけらしい。



/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.8 から 5.8.5 へsymbolic linkすれば動くかと思ったんだけど、なんかが足りないらしくだめだ。このあたり、古いmodule があったら、自動的にそちらを参照するという風にしてくれると良いんだけど。



まぁ、それは許すんだが、

  cpan install Tk

で、入れるんだけど、これが全然入らない。授業中に終らないってどういうことだよ? つまらない質問 yes/no? (Yes) で止まるし。



~root とか書いたら、~root とかいうディレクトリを作ってくれるし〜 rm -rf ~root ってやったら、どうするんだよ?!



cpan module 自体が複雑で、LWP, HTTP, XML, 圧縮とか入れまくっているので、そのupdate 自体に時間がかかりすぎるらしい。それは設計ミスだろ? boot module みたいなものだから、最小限の機能で作るべきだよ。



で、授業が終ってから、cpan install Tk すると、

「テストが通らなかったらforce されない限りinstallしない。」

とか(英語で)言う。テストが通らないのはX11上げてないからで、X11上げてもroot ではテスト出来ないんだよ。だから、Perl/Tk はテストが通らないのは仕方がないんだよ。



perldoc とか man cpan でも、どうやってforceするのかわからん。結局、ググって、

 cpan force install Tk

とやるんだってのはわかったが、



 やっぱり、cpan module は使い物にならん



ってのが僕の印象です。つうか、EasyPackage をちゃんとメンテすれば良いだけなんだが。



もっとも、Perl/Tk は Aqua で動かないのが致命的なんだよな。欲しいなら自分で作れと思うが、この手のGraphics library は手数が多いんだよ。とか言いながら、もしかすると、お正月のプロジェクトとして丁度いいかも、と思わないでもないです。:-p



Tcl/Tk に触るのは、もう嫌です。例え、裏でも。だから、Tkx は却下。
Post a Comment