Sunday, 9 July 2017

X11

もはや、知る人は珍しい、X Window System ですが、しつこく使ってます。なのだが、

Perl/Tk が動かない

Tcl/Tk は、tcl 言語を除けば使いやすいGUI libraryなんだけど、それを Perl から使えるようにしたものですね。Aquaでそのまま使えれば良いのだが、なぜか、X11。Tcl.Tk は Aqua で動くので、さぼっているだけでしょう。というか、GUIはAPIが多いので移植するのは大変なんだよな。

DB<2> $m = MainWindow->new
zsh: abort perl -de 0

かなり初期の部分で落ちるので、Tk.pm の実装の問題だなと思って、lldb でdebugしようとするんですが、つまらんセキュリティのせいでままならん。でも、root でやればなんとかなった。stack trace を見ると...

5 libsystem_c.dylib`__chk_fail_overflow
6 libsystem_c.dylib`__strcpy_chk
7 Tk.bundle`AllocStringEntry
8 Tk.bundle`Tcl_CreateHashEntry

strcpy_chk? あぁ、なんか、strcpy をそれに強制的にmapしたんだな。で、ソースから直そうかと思ったですが「元のソースは、どうせgithubだろ?」と探しに行ったら、

https://github.com/eserte/perl-tk
cpanm baseのソースと違う

なるほど。で、git diff してみると、

strcpy が軒並み memcpy に書き換えられてる

まぁ、そうだよな。で、git から取ってきたので、ちゃんと動きました。なのだが、

Xquartz のApplication menuからだと起動しない

くそ〜どういうこと? で、menu の所に、>& /tmp/ers と書けるということがわかったので、

Tk::Event object version 804.033 does not match bootstrap parameter 804.032 at /System/Library/Perl/5.18/XSLoader.pm line 95.

そうか、違うTkを見てるな。なんどか install したからな。

perlbrew ってのがあって、複数の版のperlを使い分けられるものなんですが、それが悪さをしているらしい。Perlは、Ruby とか Python と違って、minor version で雨後かなくなるってのは珍しい(最近は少しある)ので、不要なんだよ。なんだが、Tkが動かなかったので入れてしまったのですが、さっそくやられました。

X11の起動には zsh ではなく sh を使っていたんだけど、perlbrewは zsh の修正にいくらしい。そもそも、

system 関係のライブラリのperlを個人のコマンドでversion毎に切り替えるのか?

なので、環境変数を unset して/

/usr/bin/perl Makfile.PL
make -j 4
sudo make install

で、構築しなおし。まぁ、xinitrc をzshに直しても良かったんだが...

XQuartz のApplication menuは、

  ~/Library/Preferences/org.macosforge.xquartz.X11.plist

にあるので、これをコピーすれば、そのまま移行できるのですが、

 ~/Library/Caches/org.macosforge.xquartz.X11

の削除が必要でした。Time Machine で full inherite するなら、それも自動的に行われるわけですが...

次は、xterm の font 設定の話なはずです。
Post a Comment