Thursday, 27 October 2016

アセンブラの課題

コンパイラの授業の課題ですけどね。

long
test(unsigned char *a, long j)
{
return j;
}

をアセンブラにclang -Sで変換して、その一部を書き換えて、いろいろ調べてみるというもの。

まぁ、時代遅れな感じもするが、コンパイラを作るとなると必須な課題なんだよな。

なんだけど、32bitのを64bitに書き換えるのを去年やった時に

  途中で力尽きたらしい

授業中に治した部分の後を消せば良かったのだが、残しておいたわけね。

学生から「せんせー、動きまんせん」メールが。わかったわかった、治しておくよ...

こういう課題を今の学生は面白いと思うのだろうか?

http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~kono/lecture/compiler/ex/005.html
Post a Comment