Thursday, 4 February 2016

元データをcommitしない人たち

Mercurial で版管理するようになって「あぁ、ソースがない」ってのはだいぶ減ったんですが、皆無というわけでなく。

* add し忘れ

ってのが多い。結構困る。一緒に作業していればチェックできるんだけど、なかなか全員というわけにはね。

生成した完成データだけを保存すると言うのがあって、後から、なくなく元を復元するなんてことも。編集できないんだよね。まぁ、出ていってしまう学生には関係ないことなので、ちゃんとチェックするシステムになってないのがいけないけど。

* 実験の元データ
* PDFではない、図の元のファイル

とかがない結構はまる。PDFはGoogle Chromeで表示できないので、元がないと厳しい。

JPGとかで保存しているアホもいるし。図とかが画面キャプチャーとか。

「ちょっと、その図拡大してくれる?」

で、ボケボケな図だったり。

そういえば、琉大の大学マークも昔はJPGで、なんかぼけぼけだった。それを拡大して、Drawing softでトレースしたのが今の卒論修論で使われているマークなはずです。

というわけで、これを見たら、元データもaddしてcommitしておいてね。
Post a Comment