Sunday, 14 July 2013

git and mercurial

Agda の Category は github 上にあるので、せっかく、Reasoning 書いたので、pull-request してみました。

* github 上で fork

* fork したものを local に clone

* さらに branch

* そこで変更して commit

* github 上の fork へ push

* pull request を送信

長いんだよ。branch するのが礼儀らしいです。なんだが、ちょっと間違えた気もする。でも、そのまま入るわけもないだろう。

Git は、正直面倒。

   release 管理用の repository
   開発用の branch しまくり repository

で良いんじゃないかとも思うんだけど、一直線に管理したい人が多いのか。Patch 送りたいだけなのに git 経由ってのもなんだかね。

Mercurial は rebase もないので(最新のだと有ったりするのだが、disable されているらしい)、単純で学生向きだと思うんだけど。

だけど、ちまたでは Git Git と言っているのでミーハーな学生が僕の気持ちも理解せずに git を使ってしまうのは、まぁ、理解はできます。

でも、自分で git の変態コマンドと、妙な作法を教えると思うとなぁ。ちょっと苦痛。まぁ、やった方がミーハーには良いんだろうけど、その方が大変だと思うよ。

git の本は学性に自炊してもらったんだけど、雑なんだよな。中身的にもちょっと厳しかったし。今だと、おすすめの本はなんだろう。
Post a Comment